ふじさんのブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふじさんのブログ

千人に一人がわかるような内容を書いていきます。

「assembly2」のインポートが大変だった-freecad

FreeCADの拡張機能「Assembly2」のインポートが難しすぎたので、対策を書いておこうと。
※この記事に書いてあることは、すべて自己責任でお願いします。
大したことはしてませんが、深いところのファイルをいじくるので、一応...

ダウンロード

こちらのサイトに飛びます↓
https://github.com/hamish2014/FreeCAD_assembly2
緑のボタン「Clone or download」をクリックし、「Download ZIP」をクリックして、ダウンロードします。
f:id:fujisan14153:20160831213209p:plain

インストール

ファイルを解凍すると、
「FreeCAD_assembly2-master」的なフォルダが出てくるので、

C:\Program Files(x86)\FreeCAD 0.16\Mod

の中に「Assembly2」という空のフォルダを新規作成し、その中に先ほど解凍したフォルダの中身をすべてぶち込みます。
f:id:fujisan14153:20160831214354p:plain
ーとりあえず公式では、これでインポートできると書いてあります。
FreeCADを立ち上げてみて、ワークベンチ(表示>ワークベンチ)にAssembly2が入っているか確認してください。

入っていない場合

①自分のOSに合っているか。
  64bit版か32bit版を間違えていないかどうか。

②(編集タブ>設定>マクロ>マクロのパス)のところを、

C:\Users\***\AppData\Roaming\FreeCAD\Mod

にしてください。***にはあなたのWindowsのユーザーネームが入ります。

③先ほど入力した場所に、エクスプローラーで「Mod」という名前の空のフォルダを作ります。
f:id:fujisan14153:20160831221244p:plain
AppDataは隠しフォルダになっていますので、
エクスプローラーの「表示」タブより、「隠しファイル」にチェックを入れてください。
※セキュリティ上、「隠しファイル」のチェックは作業が終わったら外してください
f:id:fujisan14153:20160831223927p:plain
さらに、この「Mod」フォルダの中にも「Assembly2」の名前で空のフォルダを作り、
「FreeCAD_assembly2-master」の中身をすべてぶち込みます。

C:\Program Files (x86)\FreeCAD 0.16\bin\Lib\site-packages

この場所にある「numpy」フォルダを削除
f:id:fujisan14153:20160831222744p:plain

https://drive.google.com/open?id=0Bx4ovywGcBkYcExlQmVKZTl2UDA&authuser=0
こちらから、numpyフォルダをダウンロード。
(個人のファイルのため、リンク切れになる可能性が高い)
解凍し、先ほどの場所に新しいnumpyフォルダを丸ごと移す。
以上。

FreeCADを再起動して、ワークベンチにAssemblyがあるか確かめてください。
僕の場合は、これで解決しました。
解決しなかった方は...ごめんなさい。