ふじさんのブログ

ふじさん技術研究本部

千人に一人がわかるような内容を書いていきます。

Blenderで「かっこいいリグ」をつける

皆さんこんにちは。Gotz Zampachです。


先日YouTubeにて、シンゴジラのメイキング動画を見ました。
『シン・ゴジラ』白組によるCGメイキング映像 - YouTube


動画内で、10式戦車のCGのリグが紹介されているのですが...


めっちゃかっこいい...


↓こんな感じ(黄色い丸とかがリグです)
f:id:fujisan14153:20170716102939p:plain


恐らくはAutodesk系のソフト(3ds maxとかMaya)だと思われますが、Blenderでもこういうのやりたい!!!


と言うわけで、やってみました!

原理


次の項に手順があるので、読み飛ばしてかまいません。


今回紹介する方法は、堅物 (戦車とか) に最適です。柔らかいもの(人体等)は別の方が紹介していますので...


使う機能は、「ドライバー」と「カスタムシェイプ」です。


例えばモデルにボーンを入れて、ボーンを動かすとモデルも動くとします。


そしてもう一つボーンを作り、モデル側のボーンにドライバーとして設定します。


これでドライバーのボーンを動かすと、モデル側のボーンも追従して動くことになります。


あらかじめ、かっこいいリグの形を作っておいて(普通のオブジェクトで良い)、ドライバー側のボーンに、リグのオブジェクトをカスタムシェイプとして登録するだけ。


まぁ簡単。

手順


① オブジェクトモードになっていることを確認して、「Shift + A」で「アーマチュア > 単一ボーン」をクリックして、ボーンを追加します。
f:id:fujisan14153:20170716105119p:plain


② この状態ではボーンが立方体に隠れてしまって選択できません。画像の手順で、「レントゲン」にチェックを入れます。
f:id:fujisan14153:20170716110103p:plain


③ 立方体の親をアーマチュアに設定し、すぐ下にある、「親のタイプ」を「オブジェクト」から「アーマチュア」に切り替えます。
f:id:fujisan14153:20170716112625p:plain


④ ボーンを選択した状態で、オブジェクトモードから「ポーズモード」に切り替えます。
f:id:fujisan14153:20170716110524p:plain


⑤ ここではZ軸で回します。画像のようにオブジェクトタブに切り替えたあと、「トランスフォーム」の回転のZの数値を "右"クリックし、「ドライバーの追加 > ターゲット中の一つ」をクリック。
f:id:fujisan14153:20170716111725p:plain
↑この画像、YになってますがZの間違いです。


⑥ マウスカーソルがスポイト(?)に切り替わるので、回転のZの数値を"左"クリックします。そこだけ色が変わります。


⑦ また「オブジェクトモード」に切り替えて、「Shift + A」からボーンを追加します。位置を上にずらすと良い(別にどこでも良いのだが)。
f:id:fujisan14153:20170716113119p:plain


⑧ グラフエディタを出す。画像では下のタイムラインウィンドウを使っている。
f:id:fujisan14153:20170716113523p:plain


⑨ 「Fカーブ」から「ドライバー」にモードを変更する。
f:id:fujisan14153:20170716113724p:plain


⑩ 立方体側のボーンを選択すると、グラフエディタの左側に「Zオイラー角回転」が表示される。


⑪ グラフエディタの右端の、小さい「+」をクリックし、「ドライバー」のタブを選択。


⑫ 画像のように、「アーマチュア.001」を選択します
f:id:fujisan14153:20170716125002p:plain


⑬ これで、上のボーンを回転させると、下のボーンもZ軸にそって回転します。まぁ、大したことは無いですね。


⑭ 次に、リグにしたい形を作ります。他のレイヤーに切り替えると邪魔になりません。


⑮ オブジェクトモードで円を追加。この形に文字とか矢印とか追加するとなおかっこいい。


⑯ 名前をわかりやすくすると良い。ここでは円のままにしておく。


⑰ 再びレイヤーを戻し、上のボーンを選択。


⑱ 画像のように、ボーンタブから「カスタムシェイプ」をクリックし、先ほどの円を選択。
あと線だけだと消えてしまうので、「ワイヤーフレーム」にチェックを入れる。
f:id:fujisan14153:20170716130740p:plain


⑲ 完成。上のリグを回転させると立方体も回転するようになった。
上のボーンに「トランスフォームのロック」を設定するとZ軸方向以外には回らない。
f:id:fujisan14153:20170716131332p:plain


・ちなみに、現在の状態では円が90°傾いている。これは元のボーンの座標軸が90°傾いているからだ。
f:id:fujisan14153:20170716132341p:plain
これを直したい場合、カスタムシェイプを解除した後、上のボーンを編集モードで回転させればよい。(ここではX軸に-90°)


そのあと、再びカスタムシェイプで円を選択すればよい。


ボーンの座標軸を表示させるには、編集モードかポーズモードで、「プロパティウィンドウ」で下の画像のように、「座標軸」にチェックを入れる。
f:id:fujisan14153:20170716135149p:plain

終わり


ちょっと長くなってしまったが、私もそれなりに辛かったので許してください。


下の画像は、Ar様が配布しているMMDモデルの「AH-1S」にリグ付けした例です。
f:id:fujisan14153:20170716133434p:plain


こんな風に動きます。↓
youtu.be


次はこんな風に矢印とか文字とかの入れ方でも書くかな...


なにか質問、ご感想、ご指摘等ありましたらコメントください。