ふじさんのブログ

ふじさん技術研究本部

千人に一人がわかるような内容を書いていきます。

自動車学校をサボって再入校して卒検一発勝負で合格した話

注意:教習料金等は自動車学校によって異なる場合があります。このブログを参考にしないで下さい。


みなさんこんにちは。Gotz Zampachです。


タイトルにある通り、私、自動車学校の期限が切れました


正確には、教習期限が切れました。


そもそも、自動車学校には9か月の教習期限があります。(1年ではありませんよー)


つまり


「9か月のうちに教習を済ませて、卒業(検定に合格)しないとダメですよー」


ってことです。


私が入校したのは去年8月下旬。


ってことは5月下旬が教習期限ですね。


さらに月日は流れ...再入校したのは9月9日。

結局いくら払ったのか?


これが皆さま気になるところではないでしょうか。


結論から言うと10万円です。


私の通っていた自動車学校の場合、学生であるということから、入学金を免除していただきました。


本当にありがとうございます。


そして、私は期限切れの前に仮免許をとり、第2教習もほとんど済ませていたので


再入校は仮免所持で第1教習は免除、第2教習を一からやり直しでした。


なので、前に受けていなかった分の教習料金を返金してもらい(約4万円)、新たに10万円をプラスして、


第2学科の分、計14万円を支払ったわけです。


ちなみに、最初に入校した時も、再入校の時も自分のお金です(お小遣いでもないですよ...)。


もし親(いないけど)とかのお金だったらめちゃくちゃ怒られてたでしょうなぁ...

仮免期限が...


そして入校したのはいいものの...


仮免にも期限というものがあります。6ヵ月です。


そして私の仮免期限は...9月21日...


あと12日!しかも自学(自動車学校の略)が休みの日曜、祝日と検定日を抜かすと9日間


MT車は技能教習が19時間、学科教習が16時間です。


無理だ...


しかも仮免期限日にしか検定をできないという...


もし卒業検定(実際の路上のコースを走る)に落ちたら、第1教習からすべてやり直し...


それでも、担当の先生と計画を立て、なんとか検定の前日に全て終わらせました。

↓私の手帳。数字は教習の番号と時間
f:id:fujisan14153:20170923222139j:plain

いよいよ一発勝負の検定!


そして迎えた検定当日。


発表されたコースは1コース。これは一番走り慣れたコースでした。


発進は何事もなくスタート。しかし、大きい交差点で警察が一車線分を封鎖して交通整理してる...


そこは左折専用車線で、私は直進ですが、明らかに安全な距離は取れない。


ただ進路変更すればいいだけですが、私はパニック。


なんとか進路変更は終えたものの、なぜか停止線を過ぎてから黄色に変わった信号をみて、急ブレーキを踏んでしまう。


たまたま後ろに車がいなかったから(後ろの車に急制動や急ハンドルをさせるとOUT)よかったものの、検定中止にはならず。


そして途中で一か所路上で停車をして、再び発進するとことで、発進の右ウィンカーを忘れかけるという始末。


あと少しで検定コースのゴールである橋が見えてきた交差点で、停止中に目の前に電線工事の車が入ってきて...


そのまま目の前で工事を始めました。


しかも信号が青に変わってからもよける気配がない。右隣の車線にも車がびっしり...


まぁ工事の方が気づいてよけてくれたんですが...


こうして無事(?)に路上検定は終わりました。

バックの検定もあります


路上の検定の後、バックの技術を試す検定もあります。


駐車スペースに右から入る「右バック」と「左バック」、「縦列駐車」の3つのうちから一つ、発表されます。


運の悪いことに一番苦手な縦列駐車との発表...


案の定前タイヤが縁石にぶつかってしまいました...

いよいよ発表


発表まで1時間以上待ちました。


僕としては、絶対落ちたと思っていたのでめっちゃ長く感じました。


黒板に合格者の教習生番号が書かれていく...


ありました。私の番号。合格です。


残念ながら、4人中3人が合格だったのですが...


なにはともあれ、担当の先生はもちろん、事務の方、学校長まで喜んでくれました。(みんな私のギリギリを知ってたんですね...)


これに落ちてたら全部やり直しで料金も全部払いなおしだった...

最後に...


あとは1年間以内に試験場(自学とは違う)で学科試験(筆記)を合格すれば、晴れて免許を取得できます。


抽出検査に引っかからなければ、ですが。


とにかく、自動車学校の皆さん、そして担当のA先生、本当にありがとうございました。


私は試験場の1年すら過ぎてしまいそうですが...