ふじさんのブログ

Studio Gotz

クラス順位最下位の土木科高専生のブログ

Blender用PCのスペックを考えてみる

みなさんこんにちは。Gotz Zampachです。


実は私、最近Yahoo!知恵袋を始めました(と言っても、ほとんど回答ですが)。


Blender」と検索で引っ掛かった質問にどしどし答えていってます。


そこで意外と多いのが...Blenderってどのくらいスペックいるの??」


という質問!


まぁ他にもこれについて書いてる人は沢山いるが...


私の主観と偏見で、ケース分けにして考えてみる。

これだけは理解してほしい事


CPUは...とかグラボは...とか考える前に!


Blenderには2つの「レンダリングモード」があります(正確には3つだが)。


Blenderレンダー」と「Cyclesレンダー」である。


Blenderレンダーの特徴:

  • 描画はリアルではない→アニメ風にできる


Cyclesレンダーの特徴:

  • CPUの他、GPU(グラフィックボード)でのレンダリングができる→CPUより超高速!
  • 描画(ライティングや影、マテリアル)がフォトリアリスティック。つまり実物と比べてもわからないレベルにできる。

CPU


MMDとか向けにモデリングするだけなら、i5・i7の4コアが最低ライン。結局はBlenderレンダリングの結果を見ながらの作業になるだろうから、性能は高くて損はない。


Blenderで3Dアニメ作ろうとしてる人も、i5・i7の4コアが最低
アニメの長さによってはかなりレンダリング時間がかかるので、複雑なオブジェクトやライティングを使うものを作りたいのであれば、もっと高性能なものが欲しい。


実写合成(VFX)やリアルなモノ(リアルな布・炎・水とかの物理演算)をしたい場合は、CPUに大きく依存する
特に炎や水は、レンダリングの前の「ベイク」というシミュレーションを行うのだが、これがCPUにしかできない作業なので、グラボだけ良いやつ、というわけにもいかない
i5・i7の4コアだとかなり時間がかかる。
また、Subdivisionモデリングをする場合、分割数によっては非常に画面がカクつき、作業がままならない。
なので、映画のようなハイメッシュモデルを使う場合は、なおさら高性能CPUが要求される

メモリ


実をいうと、メモリはそこまで不足することはない


しかし、8GB程度だと、まれに「メモリ不足」というエラーが出て突然Blenderが落ちることがある。


モデリングだけにせよ、高性能なシミュレーションをするにせよ、16GBあれば足りる。そこまで高くないし。

HDD・SSD


いま流行りのSSDだが、Blenderに限定して言えばそれほど必要ない


普通のHDDでもソフトの起動は早いし、画像の書き出し(エクスポート)も4Kレベルの解像度でも一瞬だ。


何を隠そう、わたしもSSDブームにまんまと乗せられてSSDを買ったが、目に見える実感はなかった。

グラフィックボード


MMDの材質作りは、Blenderでいう「マテリアル」で可能である。
しかしBlenderレンダー」と「Cyclesレンダー」ではマテリアルが全然違う
Cyclesは少々難しく、MMDに持っていったら大変なことになってた...という話をよく聞く。
Cyclesでモデリングしていくのであれば、グラボレンダリングGPU)で結果を見ながら制作するのが早い。
1~2万円台のグラボで十分である。Cyclesを使わないのならいらないが、どうせMMDで必要になるだろう。


リアル組は、もちろんCyclesを使うだろうから、レンダリングGPU一択だ。CPUでレンダリングすると倍の時間がかかる。

また、「Blenderで最強のグラボ」は無く、マテリアルやライティングによってグラボごとに速度が変わる。
要は、「高いグラボほどレンダリングが早いわけではない」、ということだ。実際に、GTX1080が一番早いという結果はまだ出ていない(17/12/02現在)
しかし、私のGTX750tiでもCPUより十分に速い。ここはお金と相談だろう。
また、Quadroを買おうとするセレブがいるが、やめた方が良い。
Blenderは今のところOpenCLで最速とは言えない。CUDAが使えるGeforceが現時点では最適だと考える。

※2018/5/6追記

グラボのメモリ容量について

これはBlenderに限らないことだが、「HDRI」という360°の画像を環境マップ的な感じで適用させる技術がある。
また、画像の輝度情報(Luminance値?)から光源を生成することができ、反射物の映り込みやライティングが簡単に実現できる。

この「HDRI」をGPUレンダリングするには、大量のGPUメモリを必要とします(超巨大テクスチャと考えて下さい)。標準的な解像度のHDRI画像を使う場合、GPUメモリが2GBでは足りず、エラーが起きてしまう。

最後に


以上、適当な考察であったが、間違った考えもあるだろうから、何かあったらコメントして欲しい。


また、レンダリング時間に念頭を置いて書いたが、レンダリング時間が長いなら、


結果に影響を与えない程度にポリゴンを下げるなど、そういう技術も必要だと思う。

2018/09/25 記事の全体を変更