ふじさんのブログ

Studio Gotz

クラス順位最下位の土木科高専生のブログ

らっくる号を3DCGにしてみる(1)

みなさんこんにちは。Gotz Zampachです。


とある人(CG経験0)から「実写VFX映画を作ろう!!」って持ち掛けられたので


無理だろ...と思ったけど、やってみることにした。


で、今は公開に向けてひたすらCGモデルを作り続けてるわけだが、


とある人「我が街(町ではない)函館を舞台にするなら...路面電車でしょ!!」


とある人(監督をしたいらしいので、以後「とある監督」)の脚本によると、らっくる号と8000形が破壊されるらしい...


さすがに函館市民として心が痛むが、まぁとりあえずモデリングすることにした。


まずは車輪(なんか怒られそう...なんて言うの?)が見えない「らっくる号」から!

とある監督が出した品質条件


モデリングの前に、どこまでディテールを細かくするかを決めなくてはならない。


映像で大きく映るなら細かく、小さく映るなら粗く、といった調子である。


俺「1~10で表したらどのくらいの細かさで作ればいい?」


とある監督「10(最高品質)」

制作開始


笑顔で恐ろしいことを言う初心者監督の前置きはさておき、作っていこう。


まずは下絵をこちらのサイト様からダウンロードさせていただいた。
日本のLRV・画像・三面図・諸元7:路面電車を考える館


それを無料のCGソフト、Blenderに読み込む
f:id:fujisan14153:20171202234659p:plain


また、今回は俗にいうSubdivision Surface Modelingにて作成する。


なにそれ?って人はggrks...


私のモデリングは、立方体から始まる
f:id:fujisan14153:20171203001759p:plain


まずは全体的な形をつくっていく。らっくる号最大のネックは...フロントガラスだ。


Wikipedia様から勝手にダウンロードしてきた...ごめんなさい。
f:id:fujisan14153:20171202235337j:plain


もはや訳がわからないまでに湾曲しており、また複雑なカーブである。


大体こんな感じだろうか...
f:id:fujisan14153:20171202235616p:plain


わからない...どうなってるんだ、この電車(誉め言葉)


この車両の持ち主さん。もし読んでたら私に1時間ぐらい撮影する時間をください


だって停留所まで撮りに行っても3分ぐらいしか止まってないし...


また、フロントガラスの下のバンパー付近も湾曲と鋭いカットが入り混じる、複雑でかっこいいデザインである。


おぉ、バンパーを付けたらそれっぽくなってきた
f:id:fujisan14153:20171203000015p:plain


さらに前面のディテールアップ。整備用らしき開閉できそうなパネルの溝まで再現します。
f:id:fujisan14153:20171203000502p:plain


ワイパーとかサイドミラー等の超細かいパーツは、最後に付けるので、ご心配なく。


次は側面...ってまたまた車両下部にパネルが。この溝つくるの面倒なんだよね...
f:id:fujisan14153:20171203001247p:plain


いきなりですが、私の睡魔が襲ってきたので、今回はここまでとします。


最後に形状テストの動画をあげておきます

らっくる号を3DCGにしてみる(1)



次回は窓、上面のゴタゴタやパンタグラフを作ってブログにアップしていきます。


こんな最後の行まで読んでくれてありがとう...


続編はこちら↓
fujisan14153.hatenablog.com