ふじさんのブログ

Studio Gotz

クラス順位最下位の土木科高専生のブログ

Blenderでリグをかっこよくしてみる

前回の記事でBlenderで平行な部材のリギング - Studio Gotzと題して、簡単なリグを組んでみましたが...


f:id:fujisan14153:20180404002420p:plain
↑前回のリグに、簡単なモデリングを追加したもの。


もしあなたがアニメーターだとして、モデラーである私から、先の画像のようなモデルを渡されたとします。


どのボーンを操作すればよいかわかりますか?


↓ちなみに正解は箱型の上辺のボーンでした!
f:id:fujisan14153:20180403160023g:plain


分かるわけないですよね。ちなみに緑色はIKターゲット、黄色はIKが適用されたボーンに勝手につくものです。


そうならないように、ボーンをちょっと工夫してみましょう!


※現場では命名規則によるボーンの区別も行っているらしいです。

カスタムシェイプを使ってみよう!!!


カスタムシェイプの使い方は簡単。


①ボーンの座標軸を確認して(ポーズモードで!)
f:id:fujisan14153:20180403163032p:plain

②別のレイヤーに好きなリグの「形」を作る!
※ボーンじゃないよ!普通のオブジェクトで!文字も形も線だけでOK!面は無くていい!名前をわかりやすく!
f:id:fujisan14153:20180404004920p:plain

③置き換えたいボーンのカスタムシェイプをいじる
Wireframeはオンに。Scaleは見やすい大きさに。
f:id:fujisan14153:20180404005508p:plain

④でも思ってた方向と違うよね...
f:id:fujisan14153:20180404005759p:plain

⑤そういう時は「元の形」のオブジェクトを「Editモード」にして、①で確認した方向に回転させる!

f:id:fujisan14153:20180404011255p:plainf:id:fujisan14153:20180404011313p:plain

⑥ボーンのレイヤーを見てみると...いい感じ!
f:id:fujisan14153:20180404011606p:plain


今回は私が開発した勝手に考えた形でやってみます。みんなも伝わりやすい形を考えてみよう!!


f:id:fujisan14153:20180403165010g:plain
↑平行部材はこんな感じでリギングすると良いぞー