ふじさんのブログ

Studio Gotz

クラス順位最下位の土木科高専生のブログ

Blenderでリアルな海を作ってみる (動画・静止画)

ご注意:このチュートリアルでは、若干のレンダリングパワーが要求されます。
特にHDRI (High Dynamic Range Image)はGPUメモリが必要ですのでご注意くださいませ。

みなさんこんにちは。Gotz Zampachです。

Blenderには「オーシャンモディファイア」が存在します。

要は簡単に海面を作れるよ、っていう事です。

海と言っても色々ありますが、今回は「大洋」をテーマに作っていきます!

f:id:fujisan14153:20180903223414p:plain

初心者向けにガッツリ細かく説明してるので、挫折を禁止します。

誤字脱字・疑問・指摘等ありましたらコメントくださいませ。

まずは周りから

0. このリンクからHDRI ファイルをダウンロードしておいてください。
※ソースは HDRI: Aristea Wreck | HDRI Haven
※CC0で提供されているので、私がダウンロードし編集、再配布している。

1. 私の環境はBlender 2.79b です。ほかのバージョンで出来ないようであれば同じバージョンで試してください。

2. 説明の都合上、Blenderの単位を「メートル法」に変更してください。通常はどうでもいいです。
f:id:fujisan14153:20180903202615p:plain

3. また「Cycles レンダー」に切り替えて下さい(画面上部にある「Blender レンダー」のところ)

4. 「ワールド」タブに切り替えて「ノードを使用」をクリック。
f:id:fujisan14153:20180905201148p:plain

5. 出てきた「カラー」の右側の点をクリック→「環境テクスチャ」を選択。

6. その下の「開く」からダウンロードしておいたファイルを選択。

7. さらに下の「ベクトル」右の点をクリック→「マッピング」を選択。

8. その下の「位置」の「Z : 8.5cm」に設定する。「cm」だよ。

9. そのまた下の「ベクトル」右の点をクリック→「ジオメトリ>位置」を選択。
f:id:fujisan14153:20180903212313p:plain

10. ここで3Dビューのシェーディングを「レンダー」に切り替えて、上に「青空」、下に「暗黒」が表示されたら成功。
f:id:fujisan14153:20180905201355p:plain
エラーが表示される方は...申し訳ない。もしよろしければコメントください。

いよいよ海へ

1. 3Dビューのシェーディングを「ソリッド」に戻す。

2. 最初の立方体は消す。

3. 画面最下部から、フレーム範囲を「1~100」に設定する。
f:id:fujisan14153:20180903213145p:plain

4. 「平面」を追加する(Shift + A)。

5. 平面を選択した状態で「モディファイア―」タブに切り替える。
f:id:fujisan14153:20180905201613p:plain

6. 「追加→海洋」の順にクリック。
f:id:fujisan14153:20180903212819p:plain

7. 現在のフレームが「1」になっていることを確認し、モディファイア内の「時間:1.00」にマウスカーソルを合わせ、「I (アイ)」キーを押す。

8. 次に「100フレーム」まで移動し、モディファイア内の「時間:」を「5.00」に変更し、同じく上で「I (アイ)」キーを押す。

9. モディファイア内を「リピートX:3」「リピートY:2」「解像度:22」「波立ち:4.00」「風速:15 (m/s)」に設定する。

10. モディファイア最下部の「終了:」を「100」に変更し、「海洋をベイク」する。
これにどういう効果があるかわからないが、Blender使いはベイクが好きなのでそうしておく。(助言者求む)
f:id:fujisan14153:20180903214406p:plain

次にカメラの設定をば

1. カメラを選択した状態で、「オブジェクト」タブ内の「位置→X : 50m、Y : -25m、Z : 2.72m」「回転→X : 90、Y : 0、Z : 0」に設定する。
f:id:fujisan14153:20180903214807p:plain

2. 次に「カメラ」タブ内の「焦点距離:」を「10mm」にする。

CGはマテリアルでほとんど決まると思うんだ

1. 海(平面)を選択した状態で「マテリアル」タブに移動し、「新規」をクリック。
(または「サーフェス>ノードを使用」をクリック)
f:id:fujisan14153:20180905201928p:plain

2. 3Dビューを「ノードエディタ」に切り替え
f:id:fujisan14153:20180903215722p:plain

3. 「ディフーズBSDF」を削除。

4. 「Shift + A」で「シェーダ>グラスBSDF」「シェーダ>透過BSDF」「シェーダ>ミックスシェーダ」を追加。

5. 写真のようにつなぐ。
f:id:fujisan14153:20180903220143p:plain

レンダリングしてみよう!

1. 「レンダー」タブに移動。

2. 色々設定する。初心者向けの設定はこう。意味が分かる人は連番がおすすめ (レンダリングが途中からでも出来る)。
f:id:fujisan14153:20180903220943p:plain

3. 解像度は、デフォルトでFullHD(1920*1080)の50%になっている。

3. あとは上部「アニメーション」をクリックしてレンダリングスタート!!

※私の「Core i5-4460 @3.20Hz + GTX 750 Ti」環境では、解像度1920×1080で1時間ほどで終了した。

youtu.be

編集で尺伸ばし

出来た動画(連番)ファイルは1~2秒しかないだろう。

そこで、動画編集ソフトで「順再生→逆再生→順再生...」という風に重ねていくと尺を稼げる。

継ぎ目が目立たないように1~3フレーム被らせると良い。

##########更新履歴##########
2018/09/05 画像を複数追加。誤字(泡立ち→波立ち)修正。